TKC全国会

相続・資産税対策

相続税のしくみ

相続税のしくみ

相続税の試算

H26年、H27年以降相続税についても基礎控除の縮小、小規模宅地等の適用の拡充、等
今後の相続税対策において大きな影響をもたらす改正があります。

当事務所では、将来の相続について、いくら税金が発生するのかなどの不安を解消するべく相続税試算及び節税・納税対策のご相談にのります。

相続税試算

相続税試算に必要なもの

  1. 固定資産税評価証明書(土地・家屋)、測量図
  2. 預金残高(概算)
  3. 有価証券の銘柄・株数(証券会社の残高報告書など)
  4. 親族関係図
  5. 不動産賃貸業等をしていれば、確定申告書控、賃貸契約書
  6. 自営業で自社株をお持ちの場合、決算書3期分
  7. 個人名義の負債があれば、残高
    その他、問診にて、必要な書類があれば、お伝えします。

相続税試算表

平成27年1月1日以降の相続税試算表

相続税試算表
相続税試算表

単位:万円